ネットショップの仕入れテクニック

私はネットショップを6年間運営しています。

この6年間のwebサイトによるマーケティングの一番の失敗をお話いたします。それは古着になります。実は洋服、アパレルとも言いますがこのカテゴリーはとてもむずかしいのです。

順を追ってお話します。まず、洋服関係はサイズがあります。
基本的にサイズは英語表記で日本製のMサイズとアメリカのMサイズでは作りそのものが違うことが多いのです。
アメリカ人は肩が張っているので肩が大きめに作られていたりします。
日本製のMサイズはなで肩に対応していたりもします。
このように扱いがむずかしいのです。ネットですと試着が出来ない分、サイズが明確で無いと顧客は購入を躊躇します。特に必需品ではないので、その商品を買わなくても別のところで買えばいいからです。
それに、ブランドでない場合は来てみないとわからないので、特に躊躇する人が多いのです。
また、古着の場合、ジーパンなどは逆にダメージがある方が高く売れることが多いのです。
むしろきれいなジーパンはリーバイスなどの一流ブランドものしか売れません。
私はこのことを知らずにたくさん在庫をかかえたことがありました。

在庫をかかえると場所も取りますし、新しい仕入れも出来ません。
最終的には処分価格でも処分ができなかったので親戚や友人にプレゼントしました。
これからネットショップをやろうとしている人は特に自分で作った手作りなどを除いては洋服には手を出さないほうが良いです。

また、ネットショップの細かいテクニックとして小さなことですが大切なことをお伝えいたします。
仕入れについてですが仕入れは安く、売るときは高くが基本です。仕入れはなるべく、仕入れ金額が高いものを選びます。
例えば、100万円の物と10万円の物ではどちらがいいかと言うことですが100万円を選びます。その理由は100万円の場合、そのお金が準備できない人が多いので基本的にはライバルとなる人が少ないからです。
ここで10万円の物を選んでしまうと仕入れたライバルが多く、結局は価格崩壊が起こり、安売りが始まってしまうのです。
すると、販売者は手間の割には利益が取れないということになり、クタビレモウケになってしまいます。
そのためにも成功の第一歩として仕入れ価格の高い商品を選択してください。そして、時間の許す限り、店周りを徹底的にし、お店とは深く、広くの関係を築いてください。
深く関係を作ると、仕入れのお得情報をもらえることが多いのです。
これは簡単な接待と心得てください。

<特別サポート>英語上達の秘訣|エロチャット|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|ダイエットジムフランチャイズ|副業ランキング|GetMoney|アフィリエイト相互リンク|内職 アルバイト|相互リンク・Tie-up|電子マネー|家計見直しクラブ|FXシストレ|